今日もきみに言葉を届ける

こつこつ、ぽつぽつ、小西樂より

リリーノーツ

いまは運命なんて感じたくないんだまだ、それだけで終わるふたりになりたくない@gaku konishi

とりわけ

追いつけば上出来姿を見れたなら言葉はないこれはこれでときめく恋とは厄介な@gaku konishi

光源

曲が終わる終わることが前提の始まる美しさ僕らの恋は違うといって@gaku konishi

繊細な

ページをめくるたび自分の過去を隠すようなページを戻すたび触れられない、きみを探して伏せる@gaku konishi

アイコン

振り返ってひるがえってめくりかえして巻き戻してどれもこれも@gaku konishi

釘づけ

同じ雨の日なんてないのにねどうして忘れないためのアンカーにしてしまうのだ僕のために降る雨でもないのに@gaku konishi

描写

きみの喜びならいくらでも悲しみとていくらでもでもそれを言ったら終わりだなんて@gaku konishi

サフラン

また今日も同じようなことと嘆いたとして明日が違うとなるとどうするんだ一歩、外は行けるのか@gaku konishi

エル

選べば選ばれないその原理もあり僕らはこの中途半端な距離のまま

その笑顔

きみからの欲しいものはいつも無意識にあかいいろ@gaku konishi

壁沿い

始まる前から終わる哀しみに暮れてしまうまだ在りもしない未来に怯えるほど僕はきみに募る想いがあるようだ@gaku konishi

とまり木

すれ違うことも叶わず何を願えばいいのかだから嫌だったんだ恋は僕から奪いすぎる@gaku konishi

だいたい

ただもうそれだけでたどり着けると思ってた好きなんてなんの距離にもならない@gaku konishi

きみが振り返るのは僕がいないときだから、ずっと気づかないきみの視線きみの吐息@gaku konishi

二乗

言葉をかえても同じようになるそうさ、心は伝えたくて伝えたくて、言葉を生んだんだ@gaku konishi

リミット

同じじゃない似てるだけで何度も言い聞かす空白が僕を惑わす@gaku konishi

問わず

きみはまた何も残さずに行こうとしているのか与えるだけ与えて自分の何かを残さずに僕に思い出だけを好きにさせるのか@gaku konishi

ひとつなぎ

それならばどこからが罪だったのだろう忘れるとは途方もなくなった逃げ道にもならない@gaku konishi

それはとてもわかりにくくでも明確に完璧ばかり理想なんて頭の中だけで膨らんでいくんだそれはなんだ@gaku konishi

前向きなんて

新しい一歩がいつも軽いとは限らないだから軽いと思えるうちに行けよ一日なんてあっという間だ@gaku konishi

交互

ほんの一日だというのにこの距離はなんだ重力だとか、時差だとかまだ僕らには名前のある何かが間にあるんだ@gaku konishi

宝島

もういいんだ僕はきみの美しい魔法にかかったままで@gaku konishi

くやしくて

気づかぬうちにおおよそのことは流れているんだ抗ったところで自分も気づかぬうちに違うところにいる@gaku konishi

グランド

そんな強がりは言えない僕の愛を満たしてくれるならあなたでなくてもいいなんてこの思いが強がりなどで隠せるものならどんなに楽か@gaku konishi

どこかで

今日もきみを好きでよかったと夜があけて今日もきみを好きでよかったと日が暮れた僕の小さな世界の太陽@gaku konishi

ひびく

瞳の淵で涙がずっとこらえてるもういっそこぼれ落ちてくれたらずっと楽だろうにこらえて何になろうというのか@gaku konishi

いつもの終わり

不思議なくらい飽きもせずきみのことをうたにし続けて細胞から忘れないそんな恋にした@gaku konishi

金平糖

全ては夜も見境なくもう春なんだよ季節がまたいってしまうんだよ@gaku konishi

ハピネス

あと、ほんのちょっとそんな我儘が言えたなら心は軽くなるとでもそれとも心はもっと重くなるかも@gaku konishi

夏まで

思い出は乾いても溺れてもダメ寄りかかりすぎると壊れてしまう@gaku konishi