今日もきみに言葉を届ける

こつこつ、ぽつぽつ、小西樂より

クラシック

今にも 零れ落ちそうで バランスを取りながら きみを思ってる 溢れだしたら 届きもしない気がして @gaku konishi

はりせんぼん

自分の思い通りは 幸せかと問われても 答えられない ひどいやつだと 笑うだろうか 欲しいものは、結局 ひとつじゃない @gaku konishi

るび

近くにいるようで 本当は遠いまま 変えられない距離が あることぐらい こう見えても わかっているから @gaku konishi

終わらない夜

さよならなんて 上手くならないもの それでいいのに どうして きれいな別れまで 作ろうとするの そんなもの 欲しいなんて言ってない @gaku konishi

すり傷

思い出は どんどん美しくなる 僕の思い出よりも 一人歩きをしていくよう 変わらないのは きみの名前の響きだけ @gaku konishi

カトレア

体が教えてくれる これ以上、間に合わないこと これ以上、手が伸びないこと これ以上、すくいきれないこと 立ち止まれ 無力なわけではないこと あふれる涙は まだ先がみえる証だということ @gaku konishi

月の間に

並べ替えて、置き換えた 今に今にと高く積み 自分の前に立ちはだかる 期待なんて そんなものかもしれない @gaku konishi

霧雨が降る

見つからないのを わかっているのに 探しているのかもしれないと 立ち尽くす 夢でもなく希望でもない ただその存在を 信じたいだけ @gaku konishi

秘めたもの

自分が一番 近いのに 自分を一番、後回し 僕の順番を あげるよ @gaku konishi

稀にみる

どこに居ても 何をしていても 光はそこに在ろうとしている 健気なのは 誰だろうね @gaku konishi

今のままでも

名前の数だけ 形があって 形の数よりも多く 想いの数があるだから @gaku konishi

樂録@53

夏について あまり雄弁には語れないのだけど 終わるとなると、切ないもので 直前の樂録からざっと半年たっていて 自分が一番、びっくり 連日投稿していたのに、 急にPCが調子が悪くなり、ログインできず 2日も空くという、事件 「太陽フレアではないのか」と…

吹き抜け

今でも覚えてる そう、光が舞い上がって きみと初めて出会ったとき 光が 舞い上がったんだ @gaku konishi

満ちるまで

ほんの少しの すれ違い かかるボタンの 出口がない 今はまだ そんなところ @gaku konishi

見えるもの

真新しい心なんて いらない きみの傷のない心なんて 興味がない @gaku konishi

浸透

有限であれ、無限であれ 時間というのは 愛おしい 忘れたふりをして また戻ってくる 1から0まで 0から1まで @gaku konishi

大三角形

頭の中で ねじれた記憶を 戻しながら 最後に一本、残ったものが きみにつながっていた @gaku konishi

おまじない

そんなものは ただの思い込み それでも時々、きみの 視線を感じるんだ そんな思い込み @gaku konishi

千夜

ひとりじゃないよと 言ってほしかった それすらも 無かったことには しないほうがいい @gaku konishi

解け落ちる

この幻のような恋を 諦めるために 毎晩、涙を産み落として 自分を現実につなぎとめる この恋の唯一の現実が この涙で終わる @gaku konishi

ヨット

静かにうなずくきみ もう僕は会えない 次はきみが 僕に会いに来る番だ @gaku konishi

数日

これまでも 理由を考えて 足が止まって見上げる あの先が遠かったけれど 答えなど求めていなかった それもあるかもしれない @gaku konishi

跳ねる

別に特別じゃない 簡単に ただ信じていただけ ただ疑わなかっただけ 相手が きみだったから @gaku konishi

いつの日も

いつか目覚めるとき その楽しみに きみと約束をしたい 朝陽はどこからでも いいくらい @gaku konishi

待つぐらい

どこにでもあるようで どこにもない きみにとって僕は そうありたいと 欲望が視線を逸らす @gaku konishi

歌のまま

きっと同じ言葉しか 使っていない 同じところをずっと ぐるぐる回っているから 同じ人しか 思っていないから @gaku konishi

叶う

嘘をつきとおす でも、いつバレてもいい 嫌われるような 嘘かもしれないけど わかってほしいなんて 言わないから 今日もこの嘘で わらってくれないか @gaku konishi

三つ編み

分かち合う 贈りあう 想い合う 眠りから覚めて きみに馳せる @gaku konishi

波文様

淋しくなるのは そこに愛があったからだと 少しはにかみながら きみが言うので 本当だろうと思う @gaku konishi

オリーブ

指さき 儚いもの 散らばる白い花 濃くなる影 きみはいつも 僕の夢を叶える @gaku konishi