今日もきみに言葉を届ける

こつこつ、ぽつぽつ、小西樂より

散文

染まる

ずっと叶えられていないのは本当のところ、望んでいないからだそうかもしれないそうなのだとして僕の願いが偽ものだとは誰も言えないはずだ@gaku konishi

ツイン

まだきみのためにもならないだけど、僕のためだけでは何も変わらないかもしれないそれでも、始めの一歩はきみを思い浮かべてる@gaku konishi

坂の上

明日がまだあるだろうかまたすぐに今日になってしまう明日は希望だろうか明日は幻だろうか太陽と共に沈み消えていくのは今日という名の明日だったはずだけれど@gaku konishi

カモマイル

瞬間なんていらないんだよ僕にはどこにいてもきみが続いているとわかることが何よりの願いなんだ@gaku konishi

涙の底

きみと僕をつなぐ秘密が僕の願いになる前にはやく、返しておくれよ何のために祈ってどれだけ紡いだか必要なだけじゃない足りないんじゃないすべてという、それそのもの@gaku konishi

レシピ

雨粒なんて可愛いものじゃない形を変えて熱を奪う誰かによく似て甘にがい@gaku konishi

シルエット

まだもう少し今日もまた線を引かず決めないままの地平ゴールはきみであってほしいだけ@gaku konishi

窓枠

自分だけならよかった自分だけでなくてよかったきみを想うのが僕だけでいいわけもなく雨足と同じ近づいて、遠のいて@gaku konishi

頑なに

きみの笑がおが太陽のようだと思い手に届きそうな満天の星ようだと思い抱き潰してしまうほどにきみが恋しい@gaku konishi

熱量

守られない約束はただのひとり言気がついてしまうと淋しいから飾っておくの、リボンのように結び目をほどかずに@gaku konishi

地球儀

何もないなんて言わないで何もなかったのは、僕できみは持つことに価値があるわけでなく在ることに価値があるのだから@gaku konishi

胸のおく

摘むこともなく季節だけでなく同じ早さで僕も進むきらめくような道になるきみと歩ける、今日@gaku konishi

幾何学

眠る瞬間まできみを思い出していられたら涙にくれることもなかろうに@gaku konishi

ガーゼ

何となく寄せ集めて嘘かもしれないのに僕も同じ信じるだけで疑えないきみは僕にとってそういう人だよ@gaku konishi

朝陽

なにかでいっぱいにしてあげたくてあいでも夢でもおねだりでも、幸せでも何でもそんな僕がいちばん欲しがりだときみが笑っていたあの日@gaku konishi

涼か

どこを見ても思い出なんてキレイなもんで自分で作ったとはいえよくできているあまりに美しくて離れがたい@gaku konishi

春の色

睫毛がゆれるほどの涙をきみに流させるなんて僕にはできない拭うばかりで@gaku konishi

珈琲

今ならわかるでも、今じゃ遅くてこの後悔の形を知ったきみとだけどきみじゃダメだよ後悔までも抱きしめてしまう@gaku konishi

綿帽子

なにも変わらないのは自分の中の全てを変えてるからだ変わらないわけない消えないわけがない生まれないわけない淋しさも喜びもすべては変化のなか@gaku konishi

思う

きみの消えていく足あとを追いかけて踏み直しては思うんだ僕はきみになりたいでも、きみは僕ではない終わらないループ言葉にできない、しあわせと別々でいられる、しわわせを@gaku konishi

呼び鈴

きみの孤独は誰も傷つけないまるで優しさと背中合わせにみえて時々、ひどく心配になる@gaku konishi

プリーズ

忘れられてもいい、なんていえるほどあなたのなかにわたしがいるのか、どうかこわくて、言えない@gaku konishi

エアー

終わりならよかったのか始まりならばよかったのか頼むからどちらからでもきみに出会えるようにしてくれよ@gaku konishi

そのままにはならない このままの僕では僕が嫌なんだどんどん変わっていくよ毎日は、きみを軸のまま明日だけでなく今日だけでなく@gaku konishi

付録

何でもないと言うわりのきみの嘘が好きなのです見破るよろこび飲みこむ楽しさ原色の園@gaku konishi

ライフ

見ることも聞くこともできてでも、会いたいのは僕がきみの空気を知ってしまったから僕はきみに包まれることもしあわせなのだと知ってしまったから@gaku konishi

音源

もう一度、といってもきっとダメなんだ一度じゃ足りない満ちることのないこの恋が、何になるというのだろう@gaku konishi

てのひら

そばにいたいそれは約束でも誓いでもなくただのつたないただひとつの変わらぬ僕の祈り@gaku konishi

霞み

あとどれくらい運命を信じればいいあとどれくらい運命を見送ればいい答えは同じとわかっていても まだ疑って、また声を嗄らすんだ@gaku konishi

点滅

きみが描いてきたもの僕が見てきたもの形になるものばかりではないけれど僕らが繋がっている 糸はずっとあって僕らは繋がっている@gaku konishi