今日もきみに言葉を届ける

こつこつ、ぽつぽつ、小西樂より

散文

仮定

思うときに浮いて 思うときに沈む あの太陽とて 自分の思う方向に 進めないのだ @gaku konishi

新た

かけ違いの 勘違い 行ったり来たりも 悪くない 笑って僕をゆるしてよ @gaku konishi

探す

隙間から見える 朝陽は一直線に 僕を通り抜けて もっと遠くの 明日へと急ぐ @gaku konishi

飾り

思い出に どうしての 答えなんてないのに まだ未来にも 答えを期待できない @gaku konishi

思惑

きみの中にいられるのなら空気なんていらないなんて、すこしきけんだな@gaku konishi

青海

多分、迷いたくて迷ったんだ見たくないものがあって受け取れないと思えて 迷うことを選んだそういう結果もあるよ@gaku konishi

ホーム

望んだ数だけの星と蕾きみと出会えれば開くタイミング@gaku konishi

くすり指

取り戻した気がした止まるはずのない毎日なのに今日という日特別な夜明け@gaku konishi

線路

360度、回る答えは別のもの巻き起こしたはずの風すらも、別のもの@gaku konishi

タイム

坂の途中できみと出会ってこれもいいな、と思った地平線ばかりが地球じゃないね@gaku konishiも

チャンネル

わかっていたのに 伝わらない 何に包んで渡したの 嘘なら、やめて もうずっと わからなくなる @gaku konishi

水彩

しずくはきみにあたらない避けてるわけでもなくふわりと消えるスローモーションのままきみを追いかける@gaku konishi

雲行き

自分で選んだその冷たさも汗ばむ空気も体の中で同じ温度になる。曇る窓ガラス消える文字 @gaku konishi

楡木

何より、きみに たどり着くことが 最優先で 今日この日まで 歩み続けることができた そう 何より、きみに @gaku konishi

タッチ

後悔することも 自分で決める そうすれば 幸せも自分で 決められるのと同じ @gaku konishi

コート

朝陽を見るにはまだ早くても世界は目覚めていて雨や靄で出迎える今日のきみと昨日のきみを@gaku konishi

一握り

浮かびあがる からだごと 抜け殻の心も いつか何かで埋まる日が くるのだろうけれど @gaku konishi

遠まき

日毎、秒ごと膨らんでいく不安とひかり花咲くその時側にいられたら@gaku konishi

南北

遠くても笑がおを見られてよかった、だなんて困るそんなことで満たされてしまうなんて嫌だ@gaku konishi

ニット

小さなすき間から入り込んではまだ名前のない大事なものを連れ出していく恋とはおそろしいものだ@gaku konishi

氷点下

手の中にある小さなサイン握りしめても消えないまま小さな点の熱@gaku konishi

モナカ

スポットライトが あたっていなくても 声がかすれて出なくても 踊る足音も きみのつたえたい音階は 僕にはずっと届いてる @gaku konishi

ピーナッツ

どんなに優しい言葉をかけても敵わないものがあって僕はそれがずっと欲しかった@gaku konishi

雨の中

自分だけの選択肢迷いも選択の1つ景色はいつだって同じじゃない僕らは変わらずにはいられない@gaku konishi

端の方

正解は多数決じゃない当たり前のことからずいぶん遠ざかって回り道をした@gaku konishi

ひらく

いつも僕に触れ落ちる言葉は驚くほど穏やかに積もっては何を照らすでもなく底にて光る@gaku konishi

ライム

体の中から出ていかないしがみついてへばりついてきみが好きだと逃げ回る@gaku konishi

カスミ

今が嘘でもいいんだ明日も嘘でもいいそんなことぐらいで僕は傷つかない@gaku konishi

花まる

好きを認めたなら嫌いも許してあげてほしいそんな不器用なところもあまりにきみらしく目が離せない@gaku konishi

手前

何も残らないなら伝わらないなら膨らむ言い訳早く割れてしまえ@gaku konishi