今日もきみに言葉を届ける

こつこつ、ぽつぽつ、小西樂より

散文

月の島

堪えきれなかったのは僕のほうずっときみにあいたかった@gaku konishi

花びらと

探してもいいかなもうきみをただ歩いているだけの毎日はもう少し淋しくなってきたんだ@gaku konishi

海よりも

わかる日は近いそう思うのに理由なんてないただ、そう思ってそう感じているだけきみが、居てくれる@gaku konishi

薔薇色

埋もれてしまっていても仕方ないと思ったんだ幾千と積もった毎日の言葉の中でそれでもきみにたどりつけたならそれも愛の形だろうと信じていたのだと思う@gaku konishi

明日模様

クセっ毛が風を含んでよく揺れてた光が透けて諦めるタイミングがわからないいつも僕はきみをこうやって追いかけていたんだね@gaku konishi

ジャスパー

きみがいるから大丈夫 そう、何度も お守りのように繰り返していた きみがいるから、大丈夫 僕もきみにとって そうでありたい @gaku konishi

その夢

忘れたままでいいというそんなことがあっていいわけがない望んでもいないまだ会いたいこんな僕に@gaku konishi

アニバーサリー

誰に似てるでもなくきみは変わらず笑がおを見せてくれるいまは僕らが似ていると言われるのが心から嬉しい@gaku konishi

メトロノーム

ため息ぐらいついていいどこかに文句をおいてきてもいい胸の空気を入れ替えるぐらい誰だってやっているのだから@gaku konishi

泡の隙間

散らばった花びらを誰も踏まないただ明るく灯るような花びらを踏めるわけもなく風も運ばない@gaku konishi

好う

願ってばかりいた叶えるのは、結局自分自身だというのにあなたはずっとそれを教えてくれていたそれでも、ずっと側にいてくれていた@gaku konishi

ジェイド

光の点を追いかけて 僕が線を作るんだ きみにつながるように きみと繋がるように @gaku konishi

待ち望む

止まらない時だからこそ傷が癒えるというわかっていても止めたくて、留めたい@gaku konishi

天真

誰かにわかって欲しかった でも誰にもわかるはずもない ストーブをつけながら 開いている窓 @gaku konishi

モーション

どこにでもいるような それでいて どこにもいない それが、あなた @gaku konishi

晴嵐

時間なんてものはどこかへただ惜しみなく使い切りたいと思っている僕の毎日をきみとの日々に@gaku konishi

雨雪

忘れたふりをするのは 罪 忘れられるのは 赦し @gaku konishi

背筋

どれが本当の あなただろうね 頬杖をつきながら 眺めるあなたが 好きなのです @gaku konishi

つま先

愛だって 勝手なものさ 恋だけが わがままなわけじゃない @gaku konishi

萌ゆる

自分だけかもしれない そう思ったら、 上手く前に進めなくなった あの日の確信が 不安に変わる速度を もう未来に持ち込まない @gaku konishi

ストロベリー

強ばる腕をほどいたのは 思いがけない、きみの優しさ 気持ちのやりどころに 困るばかりで 言葉にならなかった @gaku konishi

光の跡

自分の世界だというのに 右も左もわからない 世界の中心というのも 楽じゃない @gaku konishi

氷菓子

どこにいてもいい なにがあってもいい そういって 冗談で笑いあう きみに 何度も救われた @gaku konishi

シルク

人と比べた 普通なんて 何一つ面白くない 早く気づけと 石のつぶて @gaku konishi

香る水

真実というけれど 僕にはどれも 当てはまらない あてはめたくない 我が儘などではなく それが僕の真実 @gaku konishi

手書き

きみの痛みを 僕の痛みには置き換えられない だけど 僕の心に衝くのは いつだって きみだけで @gaku konishi

カレンダー

ゆっくりと灯って ゆらぎながら近づいて 気がつけば 包まれる あなたでよかったと 思う瞬間 @gaku konishi

時計台

言ってはみたものの 叶わない そんな幻想は捨ててくれ 今、つないでいる この手を信じてほしいんだ @gaku konishi

ぼたん

指先に小さな傷 大きな迷いの代償と 言えれば、どんなに 楽やもしれない @gaku konishi

可愛げ

何か違ったなと 思うのであれば仕方ない それが正解なのだ 疑うよりも 信じたほうが早い @gaku konishi