今日もきみに言葉を届ける

こつこつ、ぽつぽつ、小西樂より

散文

つきはなし

不意に欠ける音階 不安にさせるためじゃなく 気がづいてほしい音で 鳴いた弦の余韻も 途切れさせるためじゃなく 覚えていてほしい音 名前なんて、ない @gaku konishi

待望

同じ長さだと思っていた暮れる星の速さと明ける朝陽と@gaku konishi

仮定

思うときに浮いて 思うときに沈む あの太陽とて 自分の思う方向に 進めないのだ @gaku konishi

ブルース

瞳の端を走り抜ける幸運だとか最高だとか留めておけない平等にくる時間のおかげ@gaku konishi

スライド

いい手立てをひらめきを仰ぐばかりで一方通行@gaku konishi

夕方

急に思い出した他愛のない言葉の中で嬉しかった一言まだ僕はそれを求めて走っているのかそれともそれが重しなのか@gaku konishi

交歓

あやふやにしても言葉を変えても同じだと気づく無謀な先にある昂ぶりのようなもの@gaku konishi

新た

かけ違いの 勘違い 行ったり来たりも 悪くない 笑って僕をゆるしてよ @gaku konishi

満たす

影の中から現れたのは紛れもなく光のきみで見失うには眩しすぎる@gaku konishi

探す

隙間から見える 朝陽は一直線に 僕を通り抜けて もっと遠くの 明日へと急ぐ @gaku konishi

逆上がり

いつか終わる日がくるその言葉が救いになる日がいつかくるしきてしまうきみにとっても僕にとっても@gaku konishi

繊維

ゆっくりと次第に重力を失うこれまでとは違うきみとはそういう雨中を感じてしまう@gaku konishi

カルム

つなぎ目に立つ片方が揺れて片方が堅い風の流れがおかしくて整わないこれがきっと迷いそこまで悪くないのに落ち着かない@gaku konishi

飾り

思い出に どうしての 答えなんてないのに まだ未来にも 答えを期待できない @gaku konishi

思惑

きみの中にいられるのなら空気なんていらないなんて、すこしきけんだな@gaku konishi

青海

多分、迷いたくて迷ったんだ見たくないものがあって受け取れないと思えて 迷うことを選んだそういう結果もあるよ@gaku konishi

ホーム

望んだ数だけの星と蕾きみと出会えれば開くタイミング@gaku konishi

くすり指

取り戻した気がした止まるはずのない毎日なのに今日という日特別な夜明け@gaku konishi

花弁

音もなくでも確実に光の中も人ごみでも降り積もるんだ消えることはないだから厄介で愛おしい@gaku konishi

線路

360度、回る答えは別のもの巻き起こしたはずの風すらも、別のもの@gaku konishi

タイム

坂の途中できみと出会ってこれもいいな、と思った地平線ばかりが地球じゃないね@gaku konishiも

チャンネル

わかっていたのに 伝わらない 何に包んで渡したの 嘘なら、やめて もうずっと わからなくなる @gaku konishi

水彩

しずくはきみにあたらない避けてるわけでもなくふわりと消えるスローモーションのままきみを追いかける@gaku konishi

雲行き

自分で選んだその冷たさも汗ばむ空気も体の中で同じ温度になる。曇る窓ガラス消える文字 @gaku konishi

楡木

何より、きみに たどり着くことが 最優先で 今日この日まで 歩み続けることができた そう 何より、きみに @gaku konishi

タッチ

後悔することも 自分で決める そうすれば 幸せも自分で 決められるのと同じ @gaku konishi

コート

朝陽を見るにはまだ早くても世界は目覚めていて雨や靄で出迎える今日のきみと昨日のきみを@gaku konishi

一握り

浮かびあがる からだごと 抜け殻の心も いつか何かで埋まる日が くるのだろうけれど @gaku konishi

遠まき

日毎、秒ごと膨らんでいく不安とひかり花咲くその時側にいられたら@gaku konishi

南北

遠くても笑がおを見られてよかった、だなんて困るそんなことで満たされてしまうなんて嫌だ@gaku konishi